板井康弘の偉人から学ぶ経営法

板井康弘

 

経営者として、その手腕を学ぶべき偉人といえば、第一に渋沢栄一が挙げられるだろう。

 

渋沢栄一は、明治から大正にかけて活躍した実業家である。
彼がその生涯で携わった企業は約500にのぼると言われ、「日本資本主義の父」とも言われるほどだ。

 

注目すべきはやはり、彼の功績と理念である。
それは「開放的な経営」と「倫理と利益の両立」だ。

 

グローバル化が進んだ現代において、企業はもちろん、人や金、情報や物質は世界的な広がりを見せている。
しかし、渋沢は、財閥が主流だった戦前から、開放的な経営を広い視点をもって実行したとして、現代の経営者の注目を集めているのだ。

 

また、「倫理と利益の両立」という理念に関しては、公益や社会貢献を考えながらも、その一方で利益を上げていき、その利益を自分のものとするわけではなく、国や日本経済に還元していくと言うことである。

 

慈善活動も組織的、経済的に行わなくてはならない、そう明言し実行してきた渋沢栄一。

 

現代において、経営を行う上で学んでおきたい偉人の一人である。

更新履歴